赤ちゃんの肌を守るベビーローション|アトピーや乳児湿疹のケア方法

ベビー

湿疹の原因は汗や皮脂

親子

赤ちゃんは脂漏性湿疹などの乳児湿疹が頻繁に見られます。湿疹の原因は主に皮脂です。汗や皮脂の分泌が過剰な赤ちゃんは、湿疹が起きやすいといわれています。清潔にし、優しくケアしてあげることが大切です。

詳細を読む

赤ちゃんの肌ケア

乳児

肌が非常にデリケートな赤ちゃんは、水分が蒸発しやすいため乾燥肌になってしまいます。赤ちゃんの肌ケアにはベビーローションが適しています。ランキングサイトを参考に赤ちゃんでも安全に使用できる人気ベビーローションを購入しましょう。

詳細を読む

乾燥ケアの正しい方法

ベビー

生後2ヶ月を過ぎた赤ちゃんは肌が乾燥しやすいためベビーローションやクリームなどでしっかりと保湿してあげる必要があります。また、風呂あがりは5分以内に保湿ケアに移りましょう。

詳細を読む

赤ちゃんは肌が荒れやすい

赤ちゃん

アトピー性の皮膚トラブル

赤ちゃんの頬や額に発生するカサカサや、頭部を覆うように発生する黄色いかさぶたなどは全て乳児湿疹といいます。別名「乳児アトピー」といわれており、赤ちゃんの多くに見られる症状です。皮脂の過剰分泌が原因なので、毎日きちんと入浴することで自然と解消していきます。また、乳児アトピーはかゆみなどがあまりないため、赤ちゃんもそれほど苦痛を感じていません、しかし、赤ちゃんの中にはアレルギー性のアトピーを発症する子もいます。体質や遺伝子、環境による影響で発症してしまうのです。ベビーローションやクリームなどを使ってこまめに保湿ケアを行なっても、乾燥が一向に良くならない場合はアトピー性皮膚炎が疑われます。そのような場合は、まず小児科で受診しましょう。また、アトピー性皮膚炎はダニやハウスダスト、食べ物などで発症することもあります。赤ちゃんが使用するお布団や室内は毎日綺麗に保ちましょう。

口コミを参考にする

赤ちゃんが乳児湿疹を掻きむしってしまうと、返ってアトピー性皮膚炎を発症させる恐れがあります。肌の乾燥や汗、炎症が原因で皮膚がダメージを負ってしまいアトピー性皮膚炎を発症させてしまうのです。そのため、乳児湿疹がある場合は赤ちゃんの爪を短く整えてあげる必要があります。それでも掻きむしってしまう場合は、ミトンなどを着用しましょう。赤ちゃんの肌は非常に薄く、デリケートにできているのでわずかな刺激でも出血したり、炎症を起こしたりします。大人の人も手をこまめに洗浄し、清潔な状態で赤ちゃんに触れることが大切です。また、乾燥をケアするためのベビーローションは、赤ちゃんによっては合わない場合もあります。デリケートな赤ちゃんも安心して使用できるように配合成分には注意して選びましょう。ランキングサイトを参考にするとさまざまなベビーローションを手軽に比較できます。口コミなどを参考に、我が子に適したベビーローションを選び、乾燥をケアしましょう。

徐々に良くなる

赤ちゃんに昨日までできていなかった湿疹や慢性的に続くかゆみなどをしていると、それは赤ちゃんのアトピーという可能性が高いです。この赤ちゃんのアトピーは、生後一ヶ月から二ヶ月の間に湿疹が起きることが多いです。最初の頭部かから始まり徐々に下に下がっていきます。湿疹のピークは離乳食が食べれるようになった時はとてもかゆみ出します。しかし、赤ちゃんの湿疹はそれから徐々に引いていきます。このように、一時期はとてもかゆいですが、それから少しずつ引いていくので、大丈夫です。