赤ちゃんの肌を守るベビーローション|アトピーや乳児湿疹のケア方法

赤ん坊

湿疹の原因は汗や皮脂

親子

赤ちゃんの首から上に湿疹が多く見られる場合や、頭に黄色いかさぶたのようなものが多く見られる場合は脂漏性湿疹の疑いがあります。また、赤ちゃんは眉間やおでこ、頬などにもかさかさしたものが見られたり、赤い湿疹が現れたりすることもあります。これらのことを「乳児湿疹」といいますが、かゆみなどはないといわれています。赤ちゃんは乳児湿疹が頻繁に見られるため特に心配する必要もありません。とはいえ、いくら治癒力の高い赤ちゃんでも将来乳児湿疹の跡が残らないようにしっかりとケアする必要があります。脂漏性湿疹の原因でもある皮脂汚れをしっかりと落とし、肌を清潔に保つことが大切です。赤ちゃんの肌は非常に薄く、デリケートにできているため、ゴシゴシと擦ったり、洗い過ぎたりしないように注意しましょう。やさしくマッサージするように洗浄し、ベビーソープはたっぷりと泡立てましょう。赤ちゃんが自分で乳児湿疹を引っ掻いてしまうと出血してしまうため爪は短く丸く切っておくことも大切です。

乳児湿疹の原因は主に皮脂の分泌です。赤ちゃんは新陳代謝が盛んのため、皮脂の分泌が多いといわれています。さらに、生まれてすぐの赤ちゃんはお母さんの女性ホルモンに強く影響されているためより皮脂の分泌が過敏になっています。そのため、この頃の赤ちゃんは汗や皮脂が溜まりやすく、肌が汚れやすい状態にあるのです。大人の肌は毛穴がしっかりと確立されているため、余分な皮脂や汗をある程度排出できます。しかし、赤ちゃんは毛穴が未発達のため、分泌された汗や皮脂が排出できない状態にあります。そのため、乳児湿疹が起きやすいといわれているのです。その他にも、空気中の酸素と結びついた菌が異常繁殖したことが乳児湿疹の原因ともいわれています。乳児湿疹にはさまざまな原因がありますが、清潔な肌を維持することが最大の解決方法です。しっかりと洗浄とケアを行ないましょう。